テクノロジーで人の可能性を引き出し、
新たな事業・価値を生み出す源泉へ

Naticは、お客さまのビジネス変革をテクノロジーでサポートする「モダナイゼーションプラットフォーム」です。
モダナイズとは、テクノロジーによる事業構造から業務構造にいたるあらゆる要素の変革を指す言葉です。我々は、既存延長上での改善や業務効率化にとどまらず、まだ見ぬ価値を共に見い出し、非連続な成長を支援する——ビジョンを共に描くビジネスパートナーとして、お客さまを支えていきます。

50年の歴史、未来への情熱。

海外ソリューションの日本展開からスタートした私たちの歴史は、常に「お客さまにとって最も価値あるもの」を考え抜きながら積み重ねてきました。外部ソリューションか自社でのソリューション開発か、海外か国産かはいずれも手段に過ぎません。それぞれを行き来し、都度「お客さまに一番最適なもの」を考え続け、ご提供しています。

  • COM (Computer Output Microfilm)事業開始 COM (Computer Output Microfilm)事業開始

    COM (Computer Output Microfilm)事業開始

    1969年 日本発となるCOM事業を開始。米国製COMシステムを輸入、金融機関を中心に機器販売と受託サービス(アウトソーシングサービス)を展開

  • データエントリー事業 データエントリー事業

    データエントリー事業開始

    1975年 米国製データエントリーシステムの日本語化、販売開始。金融機関およびデータエントリー事業者に展開。データエントリーシステムNo1の地位確立

  • 延滞債権管理システム(ACC)事業開始 延滞債権管理システム(ACC)事業開始

    延滞債権管理システム(ACC)
    事業開始

    1985年 延滞債権管理システムACCの開発、販売開始。 大手銀行、クレジットカード会社中心に展開。延滞債権管理システムNo1の地位確立

  • 電子帳票システム(COOD)事業開始 電子帳票システム(COOD)事業開始

    電子帳票システム(COOD)
    事業開始

    1991年 COMから電子帳票の時代へ転換し、電子帳票システムの開発、販売開始。COMとともに金融機関中心に幅広く展開。のちのECM(エンタープライズコンテンツマネジメント)事業の源流となる。

  • イメージワークフロー(ViewStar) 事業開始 イメージワークフロー(ViewStar) 事業開始

    イメージワークフロー (ViewStar)
    事業開始

    1997年 米国製イメージワークフローツールの日本語化、日本市場での販売開始。大手保険会社のBPRプロジェクトを皮切りに金融機関に幅広く展開。後のBPM(ビジネスプロセスマネジメント)事業の源流となる。

  • ERP事業開始 ERP事業開始

    ERP事業開始

    2003年 純国産ERP製品Granditコンソーシアムに参画。商社中心に展開。

  • SoE(System of Engagement)事業立ち上げ SoE(System of Engagement)事業立ち上げ

    SoE(System of Engagement)
    事業立ち上げ

    Application Modernizationをコンセプトにデジタルオムニチャネルソリューション、ビジネスデータサイエンスプラットフォーム、アプリケーションデジタルプラットフォームのNewITを活用した新たなソリューション&サービスの提供開始。

まだ見ぬ市場を切り拓く現場から、社会を支える基盤まで。

450社以上のクライアントとともに、
Naticは成長を続けています。

まだ見ぬ市場を切り拓く現場から、社会を支える基盤まで。 まだ見ぬ市場を切り拓く現場から、社会を支える基盤まで。

お気軽にご相談ください

まずは、今感じている課題を教えてください。
Naticが一緒に考えます。