サービス詳細

Nissho Application Digital Platform

Red Hat OpenShift
Container Platform

Nissho Application Digital Platformはコンテナオーケストレーション“OpenShift”を中核にした​アプリケーションモダナイゼーションプラットフォームです。レガシーシステムのモダナイズで​ビジネスの俊敏性・柔軟性を支える基盤構築を実現し、業務のデジタル変革をサポートします。

NADPとは

金融アプリ開発の知見 ×
自社アプリのモダナイズ経験

単にコンテナプラットフォームを導入しただけでは最適なDX基盤を構築することはできません。
長年の金融アプリ開発経験と自社アプリのモダナイズ経験。
日商エレクトロニクスのモダナイゼーションサービスは、コンテナオーケストレーション“OpenShift”を活用し、最適なコンテナ活用方法指南と運用定着を主眼に、お客様が内製でコンテナ基盤を運用できるまで併走してサポートします。



01 自社アプリのモダナイズ経験から最適なコンテナ活用を提案

自社アプリのモダナイゼーションプロジェクトで、コンテナ活用のメリットは勿論、運用上苦労するポイントも熟知。
これらの経験を踏まえ、アプリケーション開発・運用目線でコンテナのメリットを最大限享受できる機能配置と、内製運用を実現する活用方法を指南します。



02 コンテナ実装・運用のスペシャリスト

コンテナ有資格者とコンテナ化プロジェクトの経験豊富なJTP社との共同ソリューションとして展開。
コンテナを熟知したスペシャリストが貴社のモダナイゼーション・プロジェクトを成功に導きます。



03 エンタープライズ
Kubernetes“OpenShift”を中核に採用

ログ・メトリクス管理や作成済みコンテナの再利用・登録機能、​アプリケーション基盤として活用するためのアクセスコントロールなど、​コンテナの豊富な管理機能で商用活用を実現する​OpenShiftを採用。​
Red Hat社による保守サポート付属でミッション​クリティカルなシステムでの活用も可能です。​



04 Hybrid Cloud Infrastructure (HCI)構築実績No.1

Red HatとHCI Solution“Nutanix”の戦略的パートナーシップによりインフラレイヤからアプリレイヤまで、最適なクラウドネイティブ基盤を一気通貫で構築することが可能に。
Nutanix国内導入実績No.1の日商エレクトロニクスが、HCI構築ナレッジを活用し、DevOps実現に適した基盤環境からワンストップでサポートします。






Containerization PoC 特価キャンペーン

アプリケーションの開発・運用サイクルを根本から変革​

Nissho Application Digital Platformサービスはコンテナオーケストレーション” OpenShift”を中核に、お客様のビジネス環境に最適な​デジタル活用を指南、ビジネス変革を支援する併走型のサービスです。​ 不確実で変化の激しいビジネス環境に耐えるAgility・Quality・Portabilityを備えたDX基盤の提供からお客様アプリケーションのモダナイゼーションを専門チームがサポートします。


コンテナアセスメントから運用まで併走型サービスとして提供​

コンテナ活用スペシャリストで構成した当社モダナイゼーション チームが貴社の基盤を十分に理解し、“コンテナ基盤を内製で運用できる”を主眼に併走型のサービスとしてご提供します。



お客様のシステム環境を踏まえた体感型PoCサービス​

コンテナ導入成功のポイントは組織・ツール・運用三位一体の変革です。​
事前のコンテナアセスメントを経て、座学による基礎理解と実環境による試行で、自社の状況を踏まえたモダナイゼーションの効果を体感頂きます。PoCには当社DX基盤OpenShift on Nutanixの環境をご利用頂き、​インフラ~コンテナレイヤまで1か月で検証が可能です。



Nutanix & OpenShiftのナレッジをフル活用したハイブリッドクラウド基盤構築​

“OpenShift on Nutanix”を基本に、DX基盤構築パッケージとしてご提供。
お客様の基盤環境にあわせ、オンプレミス、ベアメタル、仮想環境、マルチ・ハイブリッドクラウドなど、​多種多様なクラウドネイティブ基盤構築のご支援が可能です。​

また、コンテナを商用で運用するために必要な「コンテナ機能をいかした開発プロセス最適化」を見据え、​OpenShiftの運用自動化機能群を適切に活用し、一連の開発プロセスそのものを改善に導きます。



監視運用マネージドサービスの知見をいかしたワンストップ保守​

ITインフラのマネージドサービス“NCPF”の運用ノウハウをいかしたワンストップサービスとして提供。​
Red Hat Ansibleを基盤に採用し、プロビジョニング、構成管理、デプロイ等、コンテナを含めた一連の開発・​運用プロセスの自動化でコンテナ基盤の商用利用を実現。​
クラウドネイティブ、レガシーシステムの連携強化によりビジネス環境に合わせた柔軟な基盤運用を支援します。





事例1

日商エレクトロニクスBPM製品のモダナイゼーション

  • アプリケーションの展開に掛かる時間を92%削減
  • 顧客のデジタル変革を支援するアプリケーションプラットフォームを構築
活用事例はこちら
事例2
公共部門

ブリティッシュ・コロンビア州政府

  • DevOpsアプローチに沿った、アジャイルなコラボレーションによる開発
  • 民間のテクノロジー関連企業や起業家のイノベーションを有効活用「BC Devloper’s Exchange」を設立
活用事例はこちら 動画はこちら
事例3
金融サービス

ドイツ最大の銀行 Deutsche Bank

  • マルチテナントによる稼働率アップ
  • 保有コンピューティングリソースの6倍、効率が向上
  • 継続的な変革により2020年までに85%のシステムをコンテナ上で稼働させる計画
活用事例はこちら 動画はこちら
事例4
金融サービス

エミレーツNBD銀行

  • リテール、ホールセール、および法人向け金融サービスを UAE および国際市場に提供
  • デジタルサービスのためのクラウドプラットフォームを構築
活用事例はこちら 動画はこちら
事例5
金融サービス

オーストラリア最大の投資銀行 Macquarie Bank

  • APIサービスとバックエンドをマイクロサービス化したアーキテクチャーを実現
  • コンテナ上で50以上のビジネスクリティカルなアプリケーションが稼働
  • 複雑なマイクロサービスの運用管理をOpenShiftですることにより、運用者は実装に専念することが可能になる。
活用事例はこちら 動画はこちら
事例6
金融サービス

BARCLAYS 国際金融グループ

  • 2年間で3,000のアプリケーションをクラウドに移行
  • うち500アプリケーションが本番環境
動画はこちら
事例7
金融サービス

BBVA スペイン・ラテンアメリカに展開

  • 開発者がアプリケーション開発に集中できる体制を実現
  • 標準化されたアプリケーションとアーキテクチャにより、運用管理費用を軽減を実現
動画はこちら
事例8
メーカー

BMW Group

  • 気候や渋滞などの事象で変動が激しい多くのコネクテッドカーからのトランザクションに対して、自動スケーリングにより柔軟なサービスを提供可能
動画はこちら
Containerization PoC 特価キャンペーン

モダナイゼーションサービスリリース記念Containerization PoC 特価キャンペーン

実施期間:2022年6月30日ご契約分まで

日商エレクトロニクスのContainerization PoCでは、コンテナを「知る」「作ってみる」「触ってみる」をわずか1か月で体験いただけます。 通常価格180万円のところ、2022年6月30日までのご契約分に限り、50万円で提供いたします。