サービス詳細

\データ専門人材がいなくても大丈夫/

【完全伴走型】
データ活用支援サービス

データサイエンティストと業務スペシャリストが寄り添い、データ活用による課題解決のコンサルティングからデータ分析基盤の構築までをトータルでサポート。
社内のデータ人材を育てながら、お客様単体で自走できる組織づくりとナレッジ・ノウハウ蓄積を実現します。

rapidminer_logo
サービス概要

勘と経験にプラス、データに基づく仮説・検証サイクルへの変革

業務で培われた知識・経験、データから示唆を得て業務効率化・ビジネス拡大する分析力、データドリブンな組織づくりにはこの両方が必要不可欠です。ただ、業務経験とデータ分析力を持ち合わせた人材はほぼいません。そのため社内のデータ利活用が進まないとお悩みではございませんか? 日商エレクトロニクスのデータ活用支援チームは、データ分析の基礎知識習得から、データ収集の支援、実データを利用した分析、データ分析基盤構築、運用・サポートまで、貴社がデータ活用を自走できるまでパートナーとして伴走いたします。



Step1 業務プロセス/課題のヒアリング

企画部門や実業務のご担当者から業務の流れと課題感、
活用可能なデータの有無などをヒアリング。
 

Step2 ビジネス理解・目標設定

ヒアリング内容に基づき業務プロセスを分析、作業工程・行動と結果の相関性・背景などを理解し、データを活用する目的・目標を明確に設定します。例えば、購買行動分析によるマーケティング効果最大化、営業担当者の行動分析から売上増加を目指すなど。
 

Step3 仮説立案・分析方針の決定

ご担当者の業務知識と当社の客観的な目線を合わせて、あらゆる角度から仮説立案を一緒に考察。同時に国内外の論文調査を行い最適な分析手法を検討、分析テーマ・方針を決定します。
 

Step4 データ準備・理解

各種システムに保存されているデータ以外に、表計算ソフトやメール等の記録も必要に応じて加工してデータを準備。定義書やER図等によるデータ理解も行います。
 

Step5 データ分析|Step6 施策立案・実施

データ分析結果から課題解決策を検討、業務フロー改善、可視化による現場でのデータ活用、AIによる判断業務の補助など、本導入に向けては必要に応じてアプリケーション開発・運用、データ基盤構築までご支援が可能です。

 


日商エレクトロニクスでは
このようなビジネス課題を解決します

     

  •  

    データ活用の社内プロジェクトを立ち上げたいが人材がいない

  •  

  •  

    SFA/CRM/AutoMLを導入したがデータ分析・活用ができていない

  •  

  •  

    社内に使えるデータがあるのか、そもそも分からない


       

    •  

      社内の実データを利用しながら、同時にデータ人材を育成したい

    •  

    •  

      アナログな営業活動・組織をデータドリブンにしたい

    •  

    •  

      部門横断でデータ利活用できるデータ分析基盤を構築したい


    データ活用事例


    • 個人顧客向け渉外活動


      地方銀行様において、お客様の入出金履歴等の時系列データを分析。取引情報から渉外担当者が属人的に判別していたアプローチ対象顧客を抽出するAIを開発。顧客リスト作成作業の効率化と取引拡大に成功した。


    • 住宅ローン営業


      地方銀行様において、不動産仲介・建売住宅業者等への訪問記録と融資案件情報のデータを活用。自然言語処理(NLP)によるテキスト分析、担当者ごとの活動傾向の可視化等により営業成績の底上げを実現した。


    • 債権回収


      カード会社様において、延滞債権の交渉記録(電話・実地調査等)を分析。督促対象者の優先順位付けや、最適な連絡手段の選定をアシストするAIを開発。回収率アップと業務効率化につながった。